シェフラーは、子会社であるシェフラーテクノロジーズを介して、XTRONICの買収契約書に署名した。当事者は買収価格を開示しないことで合意している。ドイツ、ベーブリンゲンを拠点とするXTRONICの買収は、すべての完了条件が満たされる2019年6月に完了する見込み。

 XTRONICは、世界的な自動車メーカー向けに顧客固有のソフトウェアやエレクトロニクスソリューションを開発している技術パートナー企業。個人企業である同社は、ドイツ、ベーブリンゲンおよびウォルフスブルクにある拠点で約170人を雇用し、自動運転アプリケーションや電動モビリティ、機能安全性を含む幅広い分野のサービスとソリューション、さらにはメソッド、ツール、試験装置を提供している。



 20年前に設立されたXTRONICは、Paravanと緊密に連携して、「Space Drive」ドライブバイワイヤー技術を開発した。同社の顧客には、複数の有名な自動車メーカーやサプライヤーが名を連ねている。



 XTRONICは、別個のドイツの有限会社(GmbH)としてシェフラーグループに統合され、運営管理は同社のマネージングディレクターで、現在の共同所有者でもあるダニエル・シュミット氏が行う。XTRONICは今後もシェフラー以外の顧客との関係にも注力し、同時に、シェフラーグループの一員としてソリューションを開発、提供する。



 ダニエル・シュミット氏は次のように述べている。

「長年成長し続けてきた今、事業をさらに前進させ、市場での地位をさらに世界的なものにする上で、シェフラーはパートナー、所有者として完璧だと思います。シェフラーの製品産業化およびシステム統合における専門知識と財政力は、事業モデルを拡大するまったく新しい機会をXTRONICにもたらすものです。両社には強固なイノベーションの文化があり、技術パートナーとして、顧客の最善の利益にかなうことを目指し、最新の方法とプロセスを使用し、最高の研究開発基盤への投資を継続的に行っています」



 XTRONICは、「Space Drive」ドライブバイワイヤー技術の開発で果たした役割から、シェフラーグループがステアリングシステム、自動運転などの分野でソリューションを開発する上で非常に有益なコア技術を保有している。



 シェフラーの自動車事業部OEM担当CEOであるマティアス・ジンク氏は次のように述べている。

「昨年のParavanからの『Space Drive』技術の取得、Elmotec Statomatの買収に続くXTRONICの買収は、長期的な事業戦略の実現における次の必然的な一歩であり、シェフラーのM&A戦略にかなうものです。ソフトウェアおよびエレクトロニクス能力の強化は、『未来のモビリティ社会のために』のメカトロニックソリューションの開発に不可欠です。今回の買収により、これらの将来性の高い非常に重要な事業分野での成長に向けた体制がさらに強化されます。主に利益を受けるのは、シャシーシステムおよび電動モビリティ事業部門です」

XTRONICは、世界的な自動車メーカー向けに顧客固有のソフトウェアやエレクトロニクスソリューションを開発している技術パートナー

情報提供元:MotorFan
記事名:「 シェフラー:XTRONICを買収