月間登録台数:173台(18年9月〜19年2月平均値)

現行型発表:17年10月(一部仕様変更 19年3月)

JC08モード燃費:16.1km/ℓ ※ディーゼル車



レポート●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)

フォト●平野 陽(HIRANO Akio)

モデル●大須賀あみ(OSUGA Ami)

リヤゲート上端まで延ばされたリヤコンビランプ、後方でキックアップするサイドウインドウのラインなど、細部で鋭さを強調し、力感のあるサイドパネルなどによりSUVらしい存在感を主張している。伸びやかなのに筋肉質な造形が魅力だ。

■主要諸元 D4 AWD Inscription

全長×全幅×全高(㎜):4690×1900×1660

室内長×室内幅×室内高(㎜):―

ホイールベース(㎜):2865

トレッド(㎜) 前/後:1655/1655

最低地上高(㎜):215

車両重量(㎏):1930

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量(㏄):1968

最高出力(kW[㎰]/rpm):140[190]/4250

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/1750-2500

燃料タンク容量(ℓ):60(軽油)

トランスミッション形式:8速AT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:235/55R19

最小回転半径(m):5.7

JC08モード燃費(㎞/ℓ):16. 1

車両本体価格:739万円

先進安全装備

「City Safety」と呼ぶ衝突被害軽減ブレーキは、約4㎞/h〜200㎞/h(サイクリスト検知は4〜70㎞/h)で作動し、前走車との相対速度が60㎞/h以下(歩行者は45㎞/h、サイクリストは50㎞/h以下)で衝突回避をアシスト。

ボディカラー

居住性

後席:シート高675㎜
前席:助手席シート高640㎜


後席の中央を除き、どのシートに座ってもくつろげるつくりになっている。ワイドな前席は、身体を優しく包みこむような感覚。後席は背もたれの天地高に余裕があり、前席下に足が入るので長身の人でもリラックスして座れるはずだ。

インパネ

9インチのタッチスクリーンを中央に配し、ハードスイッチを極力減らした最近のボルボの流儀に則っている。オートエアコンは「T8」が2ゾーン、それ以外は4ゾーンを標準装備。HDDナビ、ETC2.0車載器を全車に標準で用意する。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き960㎜

後席格納時:奥行き1870㎜ 幅1100㎜ 高さ745㎜

全高と床面が高いステーションワゴンのようなつくりで、後席はほぼフラットのまま格納できる。中央部をトランクスルーさせることで長尺物の積載にも対応する。ボディサイドは内側に絞り込まれているが、505〜1432ℓの荷室容量は日常使いならまず不足はないはず。床下には、ラゲッジネットなどが収まる大きめのサブトランクも配置する。

うれしい装備

音声操作にも対応する「センサス」と呼ぶインターフェイスにより、画面上でスワイプやタップ、ピンチインなどスマホ感覚で操作できる。

後席頭上までカバーするガラスサンルーフは、前側のスライドとチップアップが可能。「T8」に標準装備し、ほかはオプション設定になる。

6対4分割可倒式の後席は、荷室スイッチによりワンタッチで前倒しが可能。エアサス車は、隣のスイッチで停車時の車高が50㎜低くなる。

バイヤーズガイド

ボルボのガソリン・ターボは低回転域のトルクがディーゼル並に充実していながら活発に回るのが魅力。だが、乗りやすさや燃費の良さなどを考慮すれば基本的にはディーゼルがお薦め。1800㎏オーバーの車重にはやはり向いているのだ。

安全装備は全車ほぼ同等だが、車間警告機能は「Inscription」以上に標準装備する。「R-Design」は専用スポーツサスペンションで、「T8」にエアサスペンションを標準化。シートヒーター、8ウェイパワーシートを全車に装備する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈ボルボXC60〉モダンでプレミアムな新世代ボルボ【ひと目でわかる最新SUVの魅力】