月間販売台数:11194台 タントカスタムを含む(18年8月〜19年1月平均値)

現行型発表:13年10月(一部改良 17年12月)

JC08モード燃費:28.0㎞/ℓ ※「X」系、「L」系、「G“SAⅢ”」のFF車



写真解説●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

MODEL●住吉史衣(SUMIYOSHI Humie)

キュートな表情のフロントに対して、後ろ姿はシンプルな道具感に溢れている。最上級グレード「G」にはアルミホイールを標準装備するが、他グレードはスチールホイール+キャップだ。なお「G」と「Xターボ」はフロントメッキグリルで差別化する。

センターメーターが薄めで、非常に視界が広く感じる。運転席前のインパネアッパーボックスにはボックスティッシュが楽々と入るなど、収納力のレベルも高い。ステアリング右側のPWRボタンは走行モードを切り替えるもの。

■主要諸元 X“SAⅢ”

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1750

室内長×室内幅×室内高(㎜):2200×1350×1365

ホイールベース(㎜):2455

トレッド(㎜)前/後:1300/1295

車両重量(㎏):930

エンジン種類:直列3気筒DOHC

総排気量(㏄):658

最高出力(kW[㎰]/rpm):38[52]/6800

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):60[6.1]/5200

燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

駆動方式:FF

タイヤ・サイズ:155/65R14

最小回転半径(m):4.4

JC08モード燃費(㎞/ℓ):28.0

車両本体価格:142万200円

居住性

〈前席〉助手席シート高 640㎜

〈後席〉シート高 730㎜

前後ともゆったりとした座面を誇り、広いキャビンに見合ったくつろぎのスペースとなっている。後席は240㎜、助手席は380㎜のスライドが可能でシートアレンジの幅も広い。フロアもフラットで左右ウォークスルーがしやすいのも美点のひとつだ。

先進安全装備

ステレオカメラを使うことで、対車両では約4〜80㎞/hと幅広い速度域に対応するのに加えて、歩行者の検知能力にも優れた「スマートアシストⅢ」を設定する。カメラは小型のため視界の邪魔にならないのもうれしい。

撮影車両データ

ボディカラー:ファイアークォーツレッドメタリック

オプション装備:ワイドダイヤトーンサウンドメモリーナビ(13万7938円)/純正ナビ装着用アップグレードパック(2万4840円)/カーペットマット〈高機能タイプ・ダークベージュ〉(2万5553円)/ETC車載器(1万7280円)

ボディカラー

※は2万7000円高。 ★は「X “ホワイトアクセントSAⅢ”」専用色。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き 290㎜

〈後席格納時〉高さ 1045㎜ 奥行き 1400㎜ 幅 870㎜

後席使用時の奥行きはシートを最後端にセットしている状態での実測値。スライドさせることで、最大530㎜まで広げることができる。助手席側がピラーレスのため、助手席と後席の間に荷物が積みやすく、ラゲッジスペースとして活用できるのもタントならではの特徴だ。そのスペースはベビーカーを畳まずにそのまま積めるほどの広さだから驚かされる。

うれしい装備

助手席の背もたれを前に倒すと車内で休憩する時のテーブルに早変わり。この状態で後席を畳めば長尺物にも対応できる。

運転席の背面に用意される大小3つのポケットは、全車に標準装備される。後席乗員がスマートフォンやタブレットなどを入れるのに便利だ。

電動スライドドアのスイッチやエンジンスタートボタンなど操作系をインパネ右側に集約している。アイコンもわかりやすく操作しやすい。

バイヤーズガイド

動力性能に余裕がある「Xターボ“SAⅢ”」を選び、オプションで右側の電動スライドドアを装備するのがベスト。自然吸気でも良いなら、両側電動スライドドアやLEDライト、ブラック内装が採用された特別仕様車の「X“VS SAⅢ”」がお買い得だ。

「“SAⅢ”」と冠されるのが先進安全装備を備えるグレード。「L」系以外にはスマートキーが標準装備、最上級「G“SAⅢ”」は両側パワースライドドアを標準装備するなど装備が充実している。


モーターファン別冊 統括シリーズ vol.115 2019年 軽自動車のすべて

最新33車種徹底ガイド!!

SUVチックな軽ワゴンで行こう!!

軽スポーツに注目!

激戦のスーパーハイトにSUV風味満点のスペーシアGEARが登場!

東京オートサロン2019で見つけたスペシャル軽、一挙紹介!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈ダイハツ・タント〉優秀な使い勝手が光るスーパーハイトの先駆者【ひと目でわかる軽自動車の魅力】