つくば市は、道路パトロール車やつくバスに搭載したビデオカメラの画像情報をもとに、AIが路面の破損状況などを自動で検出する「道路路面診断システム」の実証実験を行う。本実証実験を通して、地域住人がより安心して走行できる道路の整備を目指す。

 つくば市では道路の「ひび割れ」や「ポットホール」など路面の破損状況を把握するために、毎日職員による道路パトロールを行っている。ポットホールとは、アスファルト道路の表層がはがれて出来る丸い穴やへこみのこと。



1.道路路面診断システムの概要

① 4Kビデオカメラを道路パトロール車やつくバスに搭載して道路画像を収集

② ディープラーニング技術を活用した画像認識により破損個所を検出

③ 修繕すべき個所の位置図、現場写真や状況を報告書として保管

 上記①~③を自動化することで、広範囲な市内道路の修繕個所に優先順位をつけることができる。



2.実証実験内容

○ 検出対象:車道の「ひび割れ」や「ポットホール」

○ 場所:市内の市道、つくバス「谷田部シャトル」ルート

○ 期間:平成31年2月18日(月)から4月30日(火)まで

○ カメラ搭載車両:道路パトロール車1台、つくバス1台

○ 協力:関東情報サービス株式会社、NTTコムウェア株式会社



3.その他

 平成31年2月18日(月)15時から、つくば市役所本庁舎(つくば市研究学園一丁目1番地1)5階庁議室にて市長参加の説明会およびデモンストレーションを行う。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 つくば市:先端技術で市内道路の破損を検出、AIを活用した道路路面診断システムの実証実験を開始