性能を使い切る楽しさと、カジュアルに乗れる気軽さから、世界中で人気を集めているホンダ・グロムやカワサキZ125、スズキGSX-S125といった125ccミッションスポーツ。インターモト2018ではこの125ccカテゴリーに、カワサキZ125・ヤマハR125・カワサキNinja125という3台が発表され、注目を集めた。

カワサキ・Ninja125

カワサキ・Ninja125

カワサキ・Z125

カワサキ・Z125

カワサキ・Z125

ヤマハ・YZF-R125

見どころは? 注目3車種を簡単解説!

●カワサキ・Ninja125

ニンジャシリーズの末弟に、125ccモデルが新たに加わった。水冷4スト単気筒の124ccのエンジンは最高出力15ps、最高速度は約110km/h。前後に17インチホイールを履きスポーツマインドを高めている。



●カワサキ・Z125

今回のモデルチェンジによってシュラウドのサイドからトレリスフレームが覗き、よりアグレッシブなデザインに。現在日本国内で販売されているZ125PROが空冷エンジンなのに対して、この新型はNinja125と同じ水冷4スト単気筒の124ccを搭載。





●ヤマハ・R125

YZF-R125がフルモデルチェンジ。従来のシリーズとは異なるフロントフェアリングデザイン、可変バルブシステムを採用した水冷124ccエンジンの搭載、アシスト&スリッパクラッチの採用、軽量なデルタボックスフレームなど最新鋭の試みがふんだんに盛り込まれている。

カワサキ・Ninja125

 Ninjaらしさを取り入れたフルフェアリングのボディワークが特徴の一つ。人間工学に基づいて設計されたボディデザインは、街乗りを快適かつスポーティに駆け抜けるライディングポジションを実現。シングルヘッドライトは、軽量なイメージに貢献する。



 水冷4スト124cc単気筒エンジンは、市街地走行から郊外まで対応するように、100km/h以下かつ高回転域のパンチに特化したエンジン特性としている。トランスミッションは6速で、滑らかなシフトフィールも特徴。



 フレーム形式は軽量さと高剛性をバランスさせたトレリスタイプで、これに17インチの前後ホイールを組み合わせたフルサイズスケールとしている。フロントフォークには軽快なハンドリングに貢献するø37mmのテレスコピックを採用。リヤショックはカワサキの象徴でもあるユニトラックが用いられている。

ブレーキにはABS、メーター類はフルデジタル化するなど、一貫して最新鋭の装備が奢られている。

●Specifications

・排気量:124cc

・エンジン形式:水冷4ストローク単気筒

・最高出力:15PS

・ブレーキ:前後ディスク

・ホイール:前後17インチ

カワサキ・Ninja125細部カット







カワサキ・Z125

 現在日本国内で販売されているZ125PROが空冷エンジンを採用しているのに対して、この新型Z125が搭載するのは水冷4スト124cc単気筒。Ninja125と同じこのエンジンは最高出力11.0 kW(15 PS)を発生する、高回転型の出力エ特性となっている。トランスミッションは6速。



 メインフレームはNinja125と共通のトレリスフレームを用いるが、幅広のハンドルバーを組み合わせることで、アクティブな操作性を実現する。



 インナーチューブ径φ37mmのテレスコピックフロントフォークとユニトラックリヤサスペンションを組み合わせた足周りには、10スポークの17インチホイールとスリムなタイヤをセット。これに加えて、前後のディスクブレーキにはコントローラブルなABSを装備することで、ステージを選ばず、軽快かつスポーティな走りが約束される。

●Specifications

・排気量:124cc

・エンジン形式:水冷4ストローク単気筒

・最高出力:15PS

・ブレーキ:前後ディスク

・ホイール:前後17インチ

カワサキ・Z125細部カット













ヤマハ・R125

125ccから1000ccまで広くラインナップするスーパースポーツシリーズYZF-Rの125ccモデルがフルモデルチェンジ。デザインやパワーユニットが一新された。

●デザイン

 常に最先端のデザインを採用するYZF-Rシリーズではあるが、今回のYZF-R125は、その極致ともいえるダイナミックかつエキサイティングなスタイリングを実現。新しいデュアルフルLEDヘッドライトとYZR-M1タイプのフロントフェアリングはまさしくYZF-Rシリーズであることを象徴するデザインとしている。これに合わせる燃料タンクは、ニーグリップしやすく、ライディングポジションを自在に変えられる形状を採用した。この燃料タンクは簡単に取り外し可能と、整備性も考慮された設計もポイントだ。



 スピードメーターを含むコックピットは、YZF-R1と同系統のデザインを継承。MotoGPレーサーのYZR-M1からインスピレーションを得た新しい軽量のトップブリッジや、MotoGPスタイルのブレーキレバープロテクターといったレーシングマインド溢れる装備が奢られる。



 フレームは新設計のデルタボックスを採用し、軽量化に貢献。前後のシャーシージオメトリは、スムーズで軽快なハンドリングをもたらしスーパースポーツらしさを強調する。

●エンジンユニット

 大きく仕様を変更したエンジンも見どころの一つ。新たに搭載したVVA(可変バルブシステム)が、エンジン回転数に応じてカムを切り替えることで、ゼロ発進から最高速に達するまで常に最適なトルクを生み出すことができる。

シリンダーヘッドの吸排気バルブは大径かつショートな寸法の4バルブとし、コンパクトな燃焼室形状を実現。これらを組み合わせることで燃焼効率を高めると同時に、燃費も向上させた。



 クラッチにはA&S(アシスト&スリッパ)を採用。新たなクラッチスプリングによって軽くなったクラッチレバーフィールは、ライダーに精密な操作感を提供するとともに、シフトダウン時の後輪のロックを防止する。

●足周り

 これらの一新されたパワーユニットに組み合わせる足周りには、高性能な41mmフロントフォークと17インチの前後ホイール、リヤ140という幅の広いタイヤを選択。また設計された軽量アルミスイングアームの組み合わせによって、足周り全体を、剛性面やバネ下の軽量化、剛性面、グリップ性を高次元でバランスさせたスーパースポーツらしいスペックにまとめられた。

●ブレーキ

 前後ブレーキはφ292mmのフロントディスクとφ230mmのリアディスクの組み合わせ。ブレーキホースのレイアウトの変更や、パッドの変更によって、ブレーキフィーリングを大幅に向上した。

●Specifications

・排気量:124cc

・エンジン形式:水冷4ストローク単気筒

・燃料タンク容量:11L

・ブレーキ:前後ディスク

・ホイール:前後17インチ

ヤマハ・YZF-R125細部カット







情報提供元:MotorFan
記事名:「 インターモト2018でZ125・R125・Ninja125がお披露目!125ccスポーツバイクの勢力図が変わる! ?【カワサキ/ヤマハ】