フランクフルト・ショー会場の9ホール。ホンダ、スズキ、マツダ、フォードなどのブースが並ぶ会場のマツダの隣にブースに1台のスーパーカーが展示されていた。メーカー名はASPARK(アスパーク)、モデル名はOWL(アウル)である。このASPARK、日本のメーカーだったのだ。

明らかに普通ではないデザイン。スーパーカーというよりレーシングカー由来といった方がいいルックス。ASPARKがフランクフルト・ショーに持ち込んだOWLは、大きな注目を集めていた。



ブースのカウンターに寄って情報を得ようとすると、日本語で話しかけられた。「?」まったく知らなかったのだが、ASPARKは日本のメーカーだったのである。



話を聞いてみると、ASPARKは、2005年にエンジニアの派遣会社として設立された会社だ。電気自動車開発やシステム開発、大手メーカーへの技術力提供などを行なってきたという。タイで唯一の日系エンジニア専門紹介会社でもある。本社は大阪にある。





社長である吉田眞教氏が、ものづくりがしたくて立ち上げた会社だという。会社を設立して1年目からクルマを作れるはずもなく、資金、ノウハウもない。そこでまずはエンジニアの人材派遣会社を作り、外部のエンジニアを協力パートナーにして資金や人材を集めていったそうだ。



今回のOWLは、2014年からプロジェクトがスタートしている。開発に協力しているのは、イケヤフォーミュラだ。



自動車を開発する際、従来の内燃機関を搭載するクルマでは部品点数も多く、生産も難しい。そこで、開発するモデルはEVにすることにした。製造するとなると工場が必要になる。しかしASPARKが考えているのは、企画・開発の部分をASPARKが行ない生産は委託するという、いわはAppleのようなものづくりだ。

自動車を量産して販売するのはハードルが高い。そこで少量生産モデルをターゲットとした。少量生産でビジネスベースに乗せるには、高価格でないと成立しない。高価格であれば、無名の自動車ベンチャーが名を売るためには「ナンバー1」という勲章が必要になる。電気自動車の最大の特徴は大きなトルクだ。トルクを有効に活用できるのは、加速。

それで、0-100km/h加速2.0秒という驚異的な加速力を開発目標に据えた。

それをひっさげて打って出るのだが、マーケットを日本に限定してはビジネスが成り立たない。そこでお披露目の場所として東京ではなくフランクフルト・モーターショーを選んだというわけだ。

2年後からの販売を予定していて、価格は300万ユーロ、およそ4億円。最大50台の生産・販売を目指している。



展示したモデルと同じクルマが現在日本でテスト中だという。今後はJARI城里のテストコースなどでテストをしていくという。展示モデルでは法規に適合していない部分もあるので、それらはこれから開発をすすめていくという。まずは欧州基準への適応を考えている。



エネルギーストレージにはキャパシタとリチウムイオン電池の併用を考えている。キャパシタは回生用ではなく駆動にも用いる。またキャパシタは、JMエナジー製のリチウムイオンキャパシタを使う。



デザインを担当するのは、株式会社アッシュインスティテュート代表の大津氏、基本デザインは吉田社長が考え、大津さんが形にするという方法を採ったという。





取材しているうちに、吉田社長が現れた。

吉田社長にOWLについて訊いた。



ー社長の夢としてこれをやりたかったですか?

吉田 これもやりたかったんですが、これがゴールというわけではありません。これを成功させて新しいモノも作りたい。これの次にも作りたいものがあるんです。クルマ以外のものも。乗り物、たとえば飛行機や医療機器なんかもそうですね。そういったいままでなかったものを作りたかった。その第一弾がこれです」



ーどんな開発体制なんでしょう?

吉田 設計はうち(ASPARK)。製造は全部委託する。アップルのように頭脳は作るけれど、実際の製造は別のところに請け負ってもらう、というふうに動いています。



ーOWLはカーボンモノコックですか?

吉田 これはパイプフレームです。今後、フレームで剛性がとれるかテストをしていきます。できるだけ軽く作りたいのです。



ー価格は、300万ユーロ。4億円ですね?

吉田 あれも予定価格です。最初は100万ドルくらいのイメージだったのだが、こだわって開発していくととてもそれでは収まらなくなってきました。さすがに常識的な範囲で、決めました。10億では現実味がないんで。できれば3億円くらいで売りたいな。というにがあったのですが、えいやーで発表しました。

ー開発資金は十分にあるですか?



吉田 いや、そんなに十分にあるわけではありませんよ(笑い)。ただ、注文をいただいて受注生産で作るということなので、別に入金はなくても何台か作るのは問題ありません。将来的には最大50台生産する計画です。



ーなぜ、OWLを作ったのですか?



吉田 コンセプトとして、「世界にこれしかない、というものを作っていきたい。したがって、量産は考えていません。一部のマニアに喜んでもらえるクルマを考えているんで、次のモデルも100万ドルを下回ることはないと思います。そういう高級志向だけを考えているメーカーが日本にあってもいいんじゃないのか、と思っています。ASPARKとは「A SPARK、」ひとりひとりが輝く、という意味です。OWLは最初はプロジェクト名だったんです。ふくろう。EVは静かということで考えたのですが、実際に走ってみたら結構モーター音がするんですよ(笑)。



ーこれから2年で売るのは大変ですよね?



吉田 ある程度法規通るように作っているので、あとは安全性をどうするか調整しながら開発を進めます。プロジェクトはASPARKで3-4名。あとは協力会社含めて数十名のチームです。



ーフランクフルト・ショーに出展して反響は?



吉田 ブラックカード出されて、いますぐ売れと言われました。プレスデー2日で4件引き合いがありました。これを持って帰りたいと。ドイツの方でした。



ープロジェクトがスタートして3年半。ずいぶん開発スピードが速いですね。



吉田 本当はもっと速くやりたかったですけど。クルマに詳しくないメンバーも多かったんで、先入観なく「これでできるんじゃない?」というのがあったのがよかったのかな。要所要所、押さえなければならない部分は、たとえば空力なんかはプロの手を借りて、意外にそれでうまいきました。イケヤフォーミュラさんさんとのジョイントもうまく噛み合った感じです。





フランクフルト・ショーに現れた和製スーパーカー。これからどうなっていくのか、楽しみだ。

ASPARK OWL SPECIFICATIONS



ボディサイズ

全長×全幅×全高:4830×1935×990mm

ホイールベース:2757mm

トレッド:F1603/R1552mm

車重:850kg

ボディ重量:50kg

定員:2名

パフォーマンス

0-100km/h加速:2.0秒

航続距離(目標):150km

最高速度:280km/h

最高出力:320kW

最大トルク:764Nm

バッテリー

スーパーキャパシタ+リチウムイオン電池

総電圧:300V

最大電流:2000A

ドライブトレーン

最終減速比:4.44

駆動方式:4WD

タイヤサイズ:F 275/30R19/R 335/30R20

情報提供元:MotorFan
記事名:「 [フランクフルトモーターショー2017]和製電気スーパーカー、ASPARK OWL、デビュー