2018-11-03-AY8I4590

JR東日本は、E353系が鉄道友の会が選定する2018年ローレル賞を受賞したことを受け、11月3日に松本駅において受賞式を開催した。

2018-11-03-AY8I4286

久保敏鉄道友の会副会長より伊藤悦郎JR東日本執行役員長野支社長へ表彰状を授与した。

2018-11-03-AY8I4379

松田清弘鉄道友の会副会長より伏田忠広JR東日本長野支社運輸部長へ記念盾を授与した。

2018-11-03-AY8I4544

久保敏鉄道友の会副会長、松田清弘鉄道友の会副会長、加藤幸弘鉄道友の会選考員会委員長、平田洋一KEN OKUYAMA DESIGN Directer、宮下直人総合車両製作所代表取締役社長、菊地隆寛JR東日本鉄道事業本部運輸車両部車両技術センター所長、伊藤悦郎JR東日本執行役員長野支社長、伏田忠広JR東日本長野支社運輸部長、本林誠JR東日本長野支社松本車両センター所長の9名によりくす玉開披を行った。

2018-11-03-AY8I4740

12時、参列者全員でローレル賞受賞車両E353 系の松本駅出発を見送った。

2018-11-03-AY8I4804

E351系の置き換用に開発された車両で、E351系が遠心力を利用して車体を傾斜させる振り子方式に対して台車左右の空気ばねの空気を給排気して車体を傾斜させる方式を採用したことが最大の特色である。

車体の傾斜角はE351系は5度に対して最大1.5度でも曲線通過速度はE351系と同等となっている。2015年に量産先行車が登場して試運転が繰り返されていたが、2017年12月に量産車による営業運転が開始された。量産先行車による試験結果を反映して量産車では全車に左右動軽減のためのフルアクティブサスペンションを装備し、車体傾斜による圧縮空気使用量増大に備えて空気圧縮機を増設している。

2018-11-03-AY8I4868

南アルプスの雪のイメージした白を基調に「あずさ」伝統のバイオレットの帯を車体の肩の部分に配している。内装は普通車がブルー系。グリーン車がワインレッドと差別化が図られている。


斬新なデザインと高機能を備え、急曲線線区のスピードアップを担うホープであることを高く評価し、ローレル賞に選定した。

2018-11-03-AY8I4701

今年の候補車両は18形式 、最優秀車両「ブルーリボン賞」は西日本旅客鉄道 35系客車 、優秀車両「ローレル賞」は東日本旅客鉄道E353系、東武鉄道500系、鹿児島市交通局7500形が受賞した。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、E353系 鉄道友の会「ローレル賞」受賞式を開催