独創的なアイデアと、ハイレベルなクオリティをもって、ユーザーが求める“モノ”をしっかりと形にするアフターパーツメーカー、ノブレッセ。今まで作り上げてきたアイテムは多岐に渡り、あらゆるユーザーを虜にしてきた人気のブランドのひとつです。
ノブレッセの代表を務めるのは、窪田一郎氏。スタイルワゴンをはじめ様々なメディアに登場していたり、オフ会などにも頻繁に参加しているので、見たことがある人も多いと思います。そんな窪田氏がノブレッセを設立したのは、2004年7月。実はそれ以前はドレスアップをハードに楽しむユーザーさんだったって知ってますか?
ドレスアップコンテストには積極的に参加し、トロフィーの受賞歴も豊富。スタイルワゴンの姉妹誌としてユーザーカーを多く取り上げていたスタイルワゴンクラブでは常連さんでした。
そんな窪田氏は今、自身が持つノウハウを活かして自社パーツの紹介はもちろん、クルマのカスタムに関わるあらゆる情報をYouTubeで配信しているんですが、その中のひとつとして、ICHIROムービーコラムという新たな企画が始まりました。スタイルワゴン・ドレスアップナビの前身、ドレスアップナビが起ち上がった頃、窪田氏にはNOBLESSE通信という連載コラムを寄稿して頂いていましたが、それが今、動画へと進化したというわけです。

そのICHIROムービーコラム 第1回は、
「好きなことで、生きていく | 一般ユーザーからカスタムパーツのメーカー立ち上げへ」

ユーザー時代の経験、そしてそこからメーカーを立ち上げるまでの軌跡を聞ける、かなりオモシロイ動画です。ぜひチェックしてみてください!


最後に、スタイルワゴン編集部に残る窪田氏の秘蔵写真(?)をお見せします! この写真は2001年に発売した「スタイルワゴンVIP大図鑑2001」というムック本。当時はVIP系カスタムが全盛の時代。窪田さんが手掛けたS-MXもかなり威圧的なフォルムでした。

今後もICHIROムービーコラムをはじめ、その他動画も頻繁にアップしていくとのことなので、NOBLESSEのYouTubeチャンネル、お見逃しなく!

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「“ユーザーからメーカーへ”の道が聞ける! ノブレッセのYouTubeチャンネルでICHIROムービーコラムがスタート!