クルマを買ったら気になるものといえば、遠目では気づかない細かいキズ、シートの破れや内張の剥がれなどがある。これらは主に中古車に当てはまる。仮に新車を買った場合、当初は気にならないことと思われる。しかし、キズの付かないクルマというのは存在せず、乗り続けていくうちに多少なりとも気になりだすはず。そのなかでも、人の目にはみえない匂いというのはとてもやっかいだろう。匂いの発生源がわからなければ適切な対処は難しい。かといって、匂いのもとを正確に突き止めることも非常に難しい(最近では匂いを可視化する装置などもあるようだが、一般向けのものではない)。

国産・外車ともに匂いは気になるもののようで、ツイッター上でもそれらに関連したことが多くつぶやかれている。とくに外車は気になるようで、ツイッター上でも多くつぶやかれているようだ。

今回はそんな新車の匂いに関するつぶやきをみていく

新車の匂いで体調不良になる人も

こちらは新車の匂いが大嫌いといった内容のつぶやき。

長い内容のつぶやきではないが、その匂いが大嫌いだという気持ちがストレートに伝わってくるものだ。このツイート主は頭痛も出てしまうようで、ある意味死活問題ともいえそうである。ちなみに、筆者も幼少期は同様の症状に悩まされていた記憶があり、とても共感できる。新車のシートから漂うあの何とも言えない匂いに悩まされていた。走行中は逃げ場がないため、地獄であった。

外車は革の匂い?

こちらは外車と日本車の匂いの違いについてつぶやいている。モーターショーの展示エリアでの匂いの違いについてのものだ。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「新車の匂いはやはり気になる…?外車の新車の匂いと感じ方の違いとは