首都圏では例年、2月の寒さはかなり厳しいものです。しかしながら今年の寒さは一段と強いですね。お風邪を召されたりしていないでしょうか。皆様どうぞご自愛くださいませ。

先日もかなりの大雪が降り、首都圏の交通機関はかなりの影響を受けたもの。そんな時に私はルノーキャトルに乗る機会がりました。借り物のクルマをそういうシビアコンディションで乗る。できれば避けたいものでして、いやだなぁと思いつつ出発。しかし、ノーマルコンディションではまったく感じることができない美点を感じることができましたので、今日はその部分にスポットを当てて少し振り返っておきたいと思います。

ルノーキャトルを所沢陸運事務所まで名義変更へ

今シーズン最初に大雪の降った先月。あの時は早々通行止めになった首都高速道路。結局完全復旧するのに一週間ほどかかりましたね。また鉄道の影響もかなり多かったです。あのような環境で関東地方はとくに弱いです。もっともあのレベルの雪では雪国であっても厳しいレベルだったといわれました。

そんなさなか、ルノーキャトルを所沢陸運事務所までもっていき、名義変更に行くことになっていました。さすがに雪が降った当日は危険だし、またどんな影響があるかわかりません。途中で立ち往生、もらい事故、通行止めの箇所など、変更ができるならできるだけ外に出ないほうがいいですね、ああいうときは。ということで数日日程をずらしていくことにしました。1日か1日半ほどかなり強く雪が降りました。その後、お天気にはなったものの、それほど気温は上がらず、その上で夜になると再び凍る。ですので、結局数日間は雪が止んでから三日ほどは家を出ないようにしました。

もういいだろうと、4日目にルノーキャトルで出発。この時代のくるまというのは、キャブレターの個体差、機関系の相性の問題などあって、若干個体ごとの癖というか、コンディションとは違う「具合の良し悪し」があるものです。この日に乗ったクルマは、朝、駐車場でエンジンに火を入れた時には、気温がほぼ零度。そんな状況でもたちまちエンジンに火が入り、一発始動。数分間チョークを引いておけばたちまち回転が安定するほどのクルマでした。

降雪後の澄み渡る冬の日差しの下、いざ所沢ドライブ!

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「雪が教えてくれた、ルノーキャトルの実用車としての奥深さとは?