毎年2月に開催される、JAIA(日本自動車輸入組合)主催の試乗会。今年も2月6日~8日の三日間、大磯プリンスホテルを拠点に開催されました。初日と二日目はメディア向け、三日目はライター/ジャーナリスト向けというスケジュールです。

メディア向けというのは試乗もさることながら、写真撮影もしなくてはなりません。そのため、一コマの枠が長いのです。とは言え、個人の日程で参加している人も乗ったクルマの写真くらいはほとんどの方が撮るわけでして。なかなかせわしい、しかし、最新の輸入車の試乗ができるわけですので、そういいつつも楽しい、夢のような三日間です。

JAIA 2018 試乗会に参加して思うこと

夢のように楽しいから、というわけでもないのですが、私は毎年この試乗会に参加させていただいています。

普段から広報車をお借りして乗せていただく場合もあります。しかし「試乗会」で並んでいるクルマに乗るというのはまた少し違った意味もあるように感じるのです。一つは、圧倒的に効率的にさまざまなモデルに触れる効果があります。そして、こういう機会でもないとなかなか乗る理由のないようなモデルに乗ることができるという点は、この試乗会の大きな意味だと思っています。

大体何かの理由、事情があって拝借するのは広報車です。ライターやジャーナリストが、自分の足代わりにしていいですよ、と用意されているクルマではないので、一向に乗る機会の巡ってこないようなクルマも少なくありません。また「え?このモデルまだあったのね。」というクルマや「いつの間に、こんなグレードを!」というような、ピンポイントでメッセージを感じるクルマに出会えることもあるのがこの試乗会だと思っています。広報担当の方に直接いろいろと教えていただけるケースもありますし、いろいろな意味で筆者くらいのキャリアのライターにとっては、単にさまざまなクルマ乗れることで経験させていただける部分もあってとてもありがたい機会、というのが正直なところです。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「今年は「昔ながらのキャラクターが戻ってきた」と思えるクルマも?JAIA 2018 試乗会に参加して思うこと