新テーマポートの名称は「ファンタジースプリングス」に決定

新テーマポート「ファンタジースプリングス」には、既存施設への追加投資としては過去最高となる2,500億円が投じられます。面積は東京ディズニーシー開業以来最大の広さに拡張されます!

(c)Disney
(c)Disney

ファンタジースプリングスのテーマは、”魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”。
ディズニー映画の「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」を題材とした3つのエリアに分かれており、それぞれの物語をアトラクションやレストランなどで体感できます。

『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリア(c)Disney
『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリア(c)Disney
『アナと雪の女王』をテーマとしたエリア(c)Disney
『アナと雪の女王』をテーマとしたエリア(c)Disney

『ピーター・パン』をテーマとしたエリア(c)Disney
『ピーター・パン』をテーマとしたエリア(c)Disney

「ファンタジースプリングス」のイメージ動画も公開されましたよ!

【公式】東京ディズニーシーの新たなテーマポート「ファンタジースプリングス」 | 東京ディズニーシー/Tokyo DisneySea


ミッキーマウス&ミニーマウスもプロジェクトのスタートをお祝い!

開発予定地で行われた起工式では、関係者約70名が列席する中、工事の安全が祈願されました。
新テーマポートの名称「ファンタジースプリングス」をお披露目するセレモニーでは、ミッキーマウスとミニーマウスとともにプロジェクトのスタートをお祝い!

安全を祈願
(c)Disney
セレモニー集合写真
(c)Disney

セレモニーのスピーチ内容は以下の通り。

株式会社オリエンタルランド 代表取締役会長(兼)CEO 加賀見俊夫

スピーチ
(c)Disney

このテーマポートに新設される4つのアトラクションと3つのレストラン、1つのショップ、そしてディズニーホテルはすべて、このプロジェクトのために開発され、世界中で東京ディズニーシーだけでしか体験することのできないものとなります。

本年7月23日オープン予定の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」、2020年春の「東京ディズニーランド大規模開発」、2021年度のディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマにしたディズニーホテルの開業を経て、新たなテーマポートが開業する2022年度には、ゲストの「体験価値」が飛躍的に向上し、より素晴らしいリゾートとなるでしょう。


ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEO ロバート・A・アイガー

スピーチ
(c)Disney

訳)夢と感動があふれるこの特別な世界に誕生する新しいテーマポートとホテルが一層の魔法をかけてくれることを期待しワクワクしております。ゲストが『アナと雪の女王』のアレンデール王国を訪れ、森にたたずむラプンツェルの塔に触れ、ネバーランドの空を飛ぶ日が今から待ち遠しいです。

クリエイティビティ、革新性、想像力の限界に常に挑戦し、さらに面白いゲスト体験を目指してきた姿勢を東京ディズニーシーの拡張においても貫き通します。皆様が家族や友人とともに楽しみ、一生残る最高の思い出を作っていただける場所にしていきます。


今年は7月23日に大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープン。東京ディズニーシーから目が離せませんね!


東京ディズニーリゾートへは高速バス・夜行バスで直行

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへの高速バス・夜行バスは、東北から四国まで広いエリアから直行便があります。

本記事執筆時点での2019年5月の最安値は、大阪からなら1,500円、名古屋からなら1,900円、仙台からなら1,900円。
高速バス・夜行バスを利用するなら、割引が使える早めの予約がオススメです。

東京ディズニーリゾートへの高速バス・夜行バス


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 東京ディズニーシーの新テーマポート名称が決定! テーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」 イメージ動画あり