メルファとガーラミオが全車AMT化へ 国産バスの自動変速化が進む

日野メルファとその兄弟車であるいすゞガーラミオは現在、全幅2.3mの中型観光・自家用バスでは唯一の選択肢である。そのメルファ/ガーラミオが、平成28年規制適合を機に、エンジンを5気筒・排気量6.4リットルから4気筒・同5.1リットルにダウンサイジング、併せてトランスミッションを2ペダル操作の6速AMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション)に変更した。

メルファ.jpg

これまでのトランスミッションはMTあるいはトルコン式ATから選択できたが、今回はエンジンの小排気量化に合わせて、エンジン特性に見合った全車の自動変速化を図るとともに、市場が求めるイージードライブ化に対応するものといえる。

バスラマ No.168の誌上では新型メルファのAMTの体感レポートをお届けしている。このAMTは中型トラック用をベースにバス向けにチューニングしており、先に発売された大型観光バス・セレガのショートタイプとも基本は同じだが、セレガが7速であるのに対してメルファは6速である。

またギア比はこれまでのメルファMT車と同じで、シフトとクラッチの操作をAMTに置き換えた形である。

運転した印象を一口で言うと、ごく自然な感覚というもの。操作方法や細かな印象は誌面をご覧いただきたいが、メルファ/ガーラミオの全車AMT化により、国産バスはさらに自動変速化が進んだ。

そのほかバスラマ No.168では、近鉄バス最後の2階建て高速車の乗車会や、中国を訪れて観光車「オノエンスター」のメーカーである「揚州亜星」の工場取材をレポートしている。

ぽると出版「バスラマ No.168」

【発行日】2018年6月25日
【定価】1,471円(本体1,362円+税)
【サイズ】A4判 96ページ
【書籍コード】978-4-89980-168-9
【概要】
・バス事業者訪問203(神奈川中央交通)
・2018バステクフォーラム開催
・6速AMTで大変身! 日野メルファに乗る
・日野自動車の最新安全・自動操縦技術
・中国 揚州亜星訪問&上海バス事情
・もうひとつのエンジン自動消火装置 西鉄夜行高速車がエンジン自動消火装置の装着を完了
・近鉄バス最後の2階建て高速車乗車会
・短期連載 ここまで来たバスのAMT化 いすゞ自動車
・4台体制になった神姫バスの連節バス
・粒よりの最新レポート、連載ほか

ぽると出版HP


(バスラマインターナショナル)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 国産バスのトランスミッションに変化! 新型メルファ、ガーラミオの変更点とは?