おとなの女性におすすめ! 女子旅ならではの快適性を追求した車両

クラブツーリズムは、同社バスツアーで利用する女性専用バス「fufufu(ふふふ)ボヌール号」を2018年11月3日(土)より東京・埼玉・神奈川エリア発着で運行開始する。
「fufufu(ふふふ)」は、笑い声・幸福感・喜びを意味し、「ボヌール」はフランス語で「幸福」の意味する。

fufufuボヌール号(イメージ)
fufufuボヌール号(イメージ)

当バスは、女性限定の旅の新ブランド「旅するしあわせ。fufufu 」ツアーを中心に運行する。
30~50代のおとなの女性におすすめのバスの旅として、“女子旅の楽しさ、女子旅の快適性”を追及し、移動中も快適にゆったりとくつろげる車内空間や、女性にうれしいおもてなしのある女性専用のバスだ。

バスの開発にあたったプロジェクトメンバーは、全員女性。「女性が心地よく過ごせるバスを作りたい!」という思いとこだわりが詰まっている。

なお、外装デザインはデザイナーの岡田明奈氏が担当。
植物をモチーフとしたボタニカルなデザインで、スズラン、ヒマワリ、コスモス、南天といった春夏秋冬の花々が色鮮やかに描かれる。同社のオリジナルキャラクター「くまぶー」が、車体のどこかに“隠れくまぶー”として描かれる楽しい仕掛けも。

内装デザインは、デザイナーの寺川奈穂子氏が担当。バスを「乗り物」としてではなく、「空間」として意識したデザインに。落ち着いた木目の床、ファッション的要素を取り込んだ椅子、天蓋のようなレースをたらした天井など、白を基調とした居心地の良い「カフェ」を感じる空間をイメージした。

fufufuボヌール号 内装イメージ
fufufuボヌール号 内装イメージ

また、ツアー中はカフェスペースにてコーヒー・紅茶・ハーブティーなどのドリンクを提供。ドリンクとご当地人気スイーツを楽しめ、カフェのようにくつろげる。

カフェスペース(イメージ)
カフェスペース(イメージ)


【クラブツーリズム「fufufu(ふふふ)ボヌール号」】の詳細

日程・期間

2018年11月3日(土)~

バス設備の概要

・正席34席(横4席×9列、定員32名+添乗員席、補助席無し)
・車内にカフェスペースを設置。ツアー中1日1回のカフェサービス
・化粧台付きWC
・化粧台にはあぶら取り紙・綿棒・サニタリー用品などアメニティを設置
・内装は白を基調とし、木目の床で温かみのある雰囲気を演出
・開閉簡単なロールスクリーンカーテン
・座席背面は特注ポケット(小物が入れやすい細分化したポケット)
・レンタル傘(晴雨兼用)、ブランケットを用意
・車内Wi-Fi完備
・全席座席シートUSBポートを設置

「fufufu(ふふふ)ボヌール号」で行くツアー例

〈女性限定の旅・日帰り〉
「関東最大級『さがみ湖イルミリオン』、スイーツビュッフェ&話題のハーバリウム作り」日帰り
出発日:12月1・7・15・21日
旅行代金:9,990~10,990 円
行程:上野・新宿を出発→山梨で「ハーバリウム作り」体験→「リサとガスパールタウン」(フランス生まれの人気絵本のキャラクター・世界初のテーマパーク)でスイーツビュッフェ60分/クリスマスに装飾された街並みを自由に散策→さがみ湖イルミリオンでイルネーション観賞→帰路

〈女性ひとり参加限定の旅・日帰り〉
「北鎌倉 名月院と円覚寺、葉山『レストラン・ラ・マーレ』でランチ」 日帰り
出発日:11月20・24・27・28日
旅行代金:14,900円
行程:上野・新宿を出発→葉山「レストラン・ラ・マーレ」で新鮮な魚貝や旬の三浦野菜をふんだんに使用したフランス料理の昼食→北鎌倉(鮮やかに染まる鎌倉の紅葉名所。丸窓で有名な明月院と円覚寺へご案内)→<マーロウプリンのおやつ>→帰路

ツアー詳細を確認ください。

お問い合わせ

クラブツーリズム株式会社 首都圏バス旅行センター
03-5998-3333(月~土曜日9:15~17:30/日曜・祝日9:15~13:00)

ニュースソース

女性専用の新しいバス「fufufu ボヌール号」デビュー


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 クラブツーリズム 女性専用バス「fufufu(ふふふ)ボヌール号」を東京・埼玉・神奈川エリア発着で運行開始(11/3〜)