秋の深まりとともに、クローゼットにはカーディガンやパーカーがスタンバイする時期になりました。本格的な衣替えもそろそろですね。気温が下がると楽しみなのが紅葉です。秋晴れの空のもと美しく色づいた植物は、限られた時期にしか楽しめない自然の芸術。見ごろはまだ先ですが、人気の紅葉スポットはぜひ早めにスケジューリングして、準備万端で出かけたいものです。
全国の紅葉スポットをこれから順次ご紹介していきますが、今回は九州・四国の4スポットをピックアップ! 記事を参考に、早めにお出かけプランを練ってみては!

春はツツジ、秋は紅葉の名所として知られる佐賀の「大興善寺」

春はツツジ、秋は紅葉の名所として知られる佐賀の「大興善寺」


溪石園(けいせきえん)/大分県中津市

耶馬溪ダムの完成を記念して、1987(昭和62)年にダムの下流に造られた日本庭園「溪石園(けいせきえん)」。2万平方メートルの敷地には、そばを流れる山移川の水と耶馬渓の自然石約12万個によって、耶馬渓のダイナミックな自然美が! 滝や池、印象的な朱色の橋、高さ6mをこえる「幸田の巨石」などの見どころに加え、約100種3万本以上の樹々が四季折々の表情で景観に彩りを添えます。特に秋の紅葉は見事です♪ 遊歩道を歩きながら秋の景色と空気を満喫できますよ。歩き疲れたら、ゆっくり寛げる食事処「さくら茶屋」で休憩を。
溪石園
■所在地 大分県中津市耶馬溪町大字大島2286-1
■アクセス 【電車】JR「中津」駅よりバスにて「耶馬溪中学校前」停下車、徒歩15分
【車】大分自動車道「日田IC」より約40分
■見ごろ 11月中旬~下旬
■紅葉の色づき具合、イベント等の開催時期は、天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは中津耶馬渓観光協会オフィシャルサイトをご確認ください

日本庭園の中に耶馬溪のダイナミックな自然美が再現された「溪石園」

日本庭園の中に耶馬溪のダイナミックな自然美が再現された「溪石園」


三十路苑(みそじえん)/長崎県雲仙市

長崎の紅葉スポットといえば普賢岳が有名ですが、その普賢岳の頂上から1000mほど標高が低いエリアに「三十路苑(みそじえん)」はあります。
個人所有の紅葉庭園で、ご主人は島原の郷土料理店「六兵衛茶屋」の経営者。30年前、自宅の裏山8000坪に1000本のモミジを植えたそうで、見事な紅葉庭園となった今、秋の見ごろには期間限定で一般公開しているんです。緩やかな傾斜の散策路いっぱいに枝を広げる紅葉が、若草色・鶯色・山吹色・橙色・茜色など温かみのあるニュアンスカラーを重ね、まるで絵画のような景観に♪ 水面に映りこむ紅葉もまた風流ですよ。
三十路苑
長崎県のお出かけスポット天気
■所在地 長崎県雲仙市小浜町南木指
■アクセス 【電車】JR「諫早」駅よりバスにて「耳採」停下車、徒歩5分
【車】長崎自動車道「諫早IC」より約50分
■見ごろ 11月下旬~12月上旬 ※公開期間はオフィシャルサイトで要確認
■紅葉の色づき具合、イベント等の開催時期は、天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは島原半島・天草三角地域観光連携協議会オフィシャルサイトをご確認ください

その年の色づきに応じて期間限定で公開される「三十路苑」は、夜間のライトアップも必見!

その年の色づきに応じて期間限定で公開される「三十路苑」は、夜間のライトアップも必見!


大興善寺(だいこうぜんじ)/佐賀県三養基郡

717(養老元)年に行基が開創したとされ、“つつじ寺”の愛称で知られる大興善寺(だいこうぜんじ)。秋の紅葉も素晴らしく、苔むしたかやぶき屋根の本堂と紅葉の織りなす情景はとても趣があります。また、仁王門から契山観音堂までは100mほどの高低差があり、約500本のイロハモミジやカエデ、イチョウなどが順々に色づくので、長く紅葉を楽しめる点もポイントです。
例年開催される秋のイベント、今年は国指定重要文化財「多聞天・広目天」の特別公開や門前市「大収穫祭」の開催、福岡大学和太鼓部の演奏やピアノ&ドラムコンサートなどが予定されていますよ。詳しくはオフィシャルサイトで確認してくださいね。
大興善寺
■所在地 佐賀県三養基郡基山町園部3628
■アクセス 【電車】JR「基山」駅より車にて10分
※ライトアップ実施日は臨時バス運行予定
【車】長崎自動車道「鳥栖IC」より約15分
■見ごろ 11月中旬~12月上旬
※11月16日・17日・22日~24日は夜間(17~20時)ライトアップ実施予定
■紅葉の色づき具合、イベント等の開催時期は、天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは大興善寺オフィシャルサイトをご確認ください

大興善寺の山門「仁王門」は、前後に豊かな紅葉が広がり、フォトスポットとしても人気

大興善寺の山門「仁王門」は、前後に豊かな紅葉が広がり、フォトスポットとしても人気


大轟の滝(おおとどろのたき)/徳島県那賀郡

知る人ぞ知る紅葉の名所「大轟の滝(おおとどろのたき)」は、豊かな水量かつ20mの落差がある豪快な滝です。滝をぐるっと囲む樹々は色とりどりに紅葉し、滝上部の白い石灰岩、碧色に輝く滝つぼ、そして白く優美な滝のコントラストが見事! また、秋しか見られないこの絶景を視野におさめるには、川沿いの193号線から見下ろすのがいちばんです。
そして、ココへ来たからには大轟の滝から車で5分の「四季美谷温泉」にも寄りましょう。“美人の湯”ともいわれる源泉100%の温泉と、名物の鹿肉料理を味わえば、目も肌も舌もしっかり保養できますよ♪
大轟の滝
■所在地 徳島県那賀郡那賀町沢谷
■アクセス 【電車】JR「徳島」駅より車にて約2時間30分
【車】徳島自動車道「徳島IC」より約3時間20分
■見ごろ 11月上旬~下旬
■紅葉の色づき具合、イベント等の開催時期は、天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは徳島県観光情報サイト阿波ナビをご確認ください

落差20mを3段に流れ落ちる幾筋もの滝は、周囲の紅葉との調和もすばらしい

落差20mを3段に流れ落ちる幾筋もの滝は、周囲の紅葉との調和もすばらしい