台風19号は午前9時現在、大型で強い勢力です。このあと発達して日本へ近づきます。金曜は太平洋側から雨や風が強まりはじめ、土曜から日曜に大荒れや大雨となる恐れがあります。

●大型で強い勢力 さらに発達して「猛烈」に

台風19号は、きょう7日(月)午前9時に「大型」になりました。「大型」や「超大型」といった台風の大きさは、強風域(風速15m/s以上)の半径で分けられます。つまり、強い風の吹くエリアが広くなった、ということです。
また、台風は9時現在、「強い」勢力です。「強い」や「非常に強い」といった台風の強さは、最大風速で分けられます。最新の台風情報によると、今夜には「非常に強い」勢力に、そして9日(水)には「猛烈な」勢力になるでしょう。日本に近づく頃には再び「非常に強い」勢力になるものの、三連休は全国的に風の影響が大きくなりそうです。

●土曜を中心に大荒れ

また、雨の影響も大きく、大雨となる恐れがあります。台風自体の雨雲も発達しているうえに、本州付近に前線が延びる予想です。台風の進路によっては11日(金)は太平洋側から雨や風が強まりはじめ、12日(土)から13日(日)にかけては全国的に大荒れや大雨となるでしょう。風も雨もかなり危険な台風となる恐れがあります。影響が大きくなるタイミングは台風の進路によって変わってきますので、このあとも最新の台風情報を確認してください。