日本の南には雲の塊が見られます。この雲は台風の卵“熱帯低気圧"の雲で、ゆっくり北上しています。熱帯低気圧は今後24時間以内に台風になり、週末に日本列島に接近する見通しです。熱帯低気圧の動向には十分ご注意下さい。

●熱帯低気圧 午後3時最新情報

24日午後3時現在、父島の南西約650kmに熱帯低気圧があります。中心の気圧は1006hPa、中心付近の最大風速は15m/sで、台風の条件(中心付近の最大風速17.2m/s以上)を満たしていない状況です。ただ、気象衛星雲画像を見ると、日本の南には発達した積乱雲の塊がまとまってきています。熱帯低気圧は今後24時間以内に台風になり、週末に日本列島に接近する見通しです。

●4日間天気

熱帯低気圧(台風)の影響を受けそうなのが、東日本の太平洋側(主に関東地方と伊豆諸島)です。26日金曜日は伊豆諸島で風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。その後、27日土曜日から28日日曜日にかけては関東甲信地方で大雨や風が強まる恐れがあります。関東甲信地方では熱帯低気圧本体の雨雲がかかり、大雨になる恐れがあります。傘マークがついていない名古屋でも26日から27日は雨の降る可能性があります。
熱帯低気圧が近づくあす25日のうちに排水溝や雨どいの掃除など雨への備え、外に出している飛ばされやすい物を室内に移動しておくようにしましょう。