西日本は雨雲が発達中。8日にかけて東日本も局地的に滝のような雨が降り、大雨になる恐れがあります。低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に警戒・注意が必要です。

●非常に激しい雨が降った所も

前線を伴った低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、7日金曜日は、西日本のあちらこちらに活発な雨雲がかかっています。福岡県北九州市小倉南区では、午前6時までの1時間降水量が58.0ミリと、非常に激しい雨が降りました。長崎県や山口県ではあちらこちらで、午前6時までの12時間降水量が100ミリ以上となり、上五島空港では平年6月ひと月分の約4割の雨が、たった半日で降りました。

●予想雨量は

この低気圧は、発達しながら日本海から東日本を進むため、西日本や東日本では、8日土曜日にかけて、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。西日本では7日金曜日の夜にかけて、東日本では7日金曜日の昼過ぎから夕方にかけて、断続的にカミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。
8日6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、四国地方200ミリ、九州南部、近畿地方、東海地方120ミリ、九州北部100ミリとなっています。低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に警戒・注意が必要です。
また、西日本では8日土曜日の明け方にかけて、東日本では7日金曜日の昼過ぎから8日土曜日の明け方にかけて、あちらこちらでカミナリ雲が発達するでしょう。落雷や竜巻などの突風にも、お気をつけ下さい。ゴロゴロと聞こえたり、稲妻が見えたりしたら、カミナリ雲が近づいていますので、頑丈な建物の中に避難するなど、安全確保を心がけて下さい。