明日(12月1日)の北海道付近は低気圧を含む気圧の谷が通過するため、全道的に天気が崩れる見込みです。天気の崩れはいつまで続く?

●今夜から明日朝の天気

今夜(30日)は北部に気圧の谷がかかり、明日(12月1日)の朝にかけて北部や南西部の日本海側で雪が降るでしょう。西よりの風がやや強く、沿岸を中心にふぶく恐れがあるため、見通しの悪さなどに注意が必要です。また、留萌周辺や山間部などでは断続的に雪となる上に一時的に強まる所もあるため、局地的に降雪量が多くなる所もありそうです。大雪にも注意が必要となります。その他は天気の大きな崩れはなく、東部では晴れる所が多くなるでしょう。

●明日日中の天気

明日朝には日本海から近づく低気圧が渡島半島付近に進み、日中にかけて北海道の南を通過するため、全道的に天気が崩れます。全般に雪となりますが、道南の沿岸では局地的に雨の混じる所があるでしょう。その他でも湿った雪となる所があるため、着雪に注意が必要です。また、北部では引き続き雪の降りやすい天気となり、今夜から明日にかけて雪の量が多くなる所もあるため、朝の雪かきが必要となる所もでてきそうです。明日朝はいつもより少し早めの行動を心掛けるとよいでしょう。

●低気圧接近に伴い…

明日朝に渡島半島付近に近づく低気圧はその前面で南よりの風をもたらし、明日朝は今朝までのような強い冷え込みはない見込みです。しかし、上空には寒気が残る影響で、地上付近と上空との気温差がやや大きくなり、大気の状態は不安定となるでしょう。このような場合には、天気の急変や落雷、突風、雪や雨の降り方の急な強まりなどに注意が必要です。
低気圧は明日午後以降次第に北海道付近から離れるため、夜からは天気の回復してくる所が多くなります。その後、高気圧の張り出しの中に入るため、2日は全般に晴れるでしょう。

●3日以降の天気

高気圧は次第に東へ離れ、4日(火曜日)にはサハリン方面に進む低気圧からのびる前線が北海道付近を通過し、全道的に雨や湿った雪で風も強まる恐れがあります。この前線通過後は強い冬型の気圧配置となるため、気温差が大きく、また、雪や雨などの降りものにも悩まされる一週間となってしまいそうです。