東北地方では雪が降ったかと思えば、今週はまた暖かくなって季節が逆戻りとなりました。師走が近いことを忘れてしまいそうですが、29日(木)夜以降は一時的に寒気が流れ込み、日本海側を中心に再び雪が降るでしょう。東北北部では平地でもまた積もる所が出てきそうです。そして、来週になると今度は、初冬とは思えないほどの暖かさがやってきます。雪が降ったり、季節外れの暖かさになったり、このさき寒暖差はかなり大きくなりそうです。

●30日(金)昼前にかけて広く雪に

一時的に冬型の気圧配置が強まって、強い寒気が流れ込んできています。青森県や秋田県で雨が降り出してきましたが、29日(木)夜までには岩手県や山形県でも雪や雨が降り出してくるでしょう。
はじめ雨で降り出すところも夜までには雪に変わり、あす30日(金)の昼前にかけて広い範囲で雪が降りそうです。西寄りの風が強まって、ふぶく所もあるでしょう。雷が鳴って、雪や雨の降り方が強まるおそれもありますので、車の運転などご注意ください。

●1日(土)再びふぶきに

あす30日(金)の午後になると、高気圧に覆われていったん雪や雨は弱まるでしょう。ただ、再び週末1日(土)になると北日本を低気圧が通過するため、また日本海側や北部を中心に雪や雨が強まりそうです。風も強まりますので、ふぶきにもご注意ください。また、山沿いではさらに積雪が増えそうです。

●師走なのに東北も20度超え?

2日(日)は高気圧に覆われて日差しが心地よく、風もおだやかで絶好のお出かけ日和になるでしょう。しだいに寒気も抜けていって、各地とも平年を上回る気温になりそうです。大掃除をするにも良いでしょう。師走だというのに、日に日に気温が上昇し、ピークとなる4日(火)はかなり暖かくなる予想です。福島県福島市や宮城県仙台市では20度くらいまで上がる予想です。12月としてはめったにない高温です。このさき寒暖差がかなり大きくなりますので、体調の管理に注意が必要です。また雪が降った地域では路面の状況にも気を付けてお出かけください。