きょう2日も全国的に日差しが降り注ぎ、秋の爽やかな陽気になりました。あす11月3日は国民の祝日「文化の日」です。文化の日はよく「晴れるよね~」って言われますが、今年は、はたしてどうなるのか?お出かけに雨具の出番はあるのか?

●11月3日の天気出現率

あす11月3日は文化の日です。よく文化の日は「晴れるよね」と言われますが、本当にそうなのか?主要都市の11月3日の天気出現率(統計期間:1981年から2010年)を調べてみました。東京や名古屋、大阪は7割以上で、仙台や福岡も約67%。10年のうち6年~7年は晴れが表れているということになります。

●平成最後の文化の日はいかに

平成最後の文化の日のあす3日。お出かけにあいにくの天気になるのが、沖縄です。断続的に雨が降り、午後は雷が鳴るなど、不安定です。北海道から九州は引き続き、秋のさわやかな空気に包まれ、朝から晴れる所が多い見込みです。ただ、きょうまでと変わってくるのが、関東と東海です。午後になると雲が増えてきて、日差しが少なくなる予想です。夜は伊豆諸島付近に雨雲が発生し、関東南部から東海の沿岸部の一部にかかる可能性があります。この方面へのお出かけの方は、念のため雨具を準備しておくと良さそうですね。

●ちなみに・・・

文化の日に全国で晴れやすい理由は秋雨シーズンが終わりを迎え、移動性の高気圧や帯状の高気圧に覆われやすいためと言われています。ただ、年間で一番晴れやすい日というと地域ごとに違いが出てくるようです。東京都心だと12月24日と12月29日が年間で一番晴れやすく出現率は93.3%。福岡は文化の日より前の10月27日が年間で最も晴れやすく86.7%。
1年のうちで前後の日と比べ、ある特定の天気が現れやすい日を特異日といいます。この前後になると我々気象予報士らも予報した天気が当たりやすくなり、気象予報士たちにも"得意日"と言えるかもしれません。