今日(9日)の道内は、大気の状態が不安定となっています。留萌地方の焼尻では午前9時半ごろ、東海上で2本、竜巻と見られる雲の目撃情報がありました。それにともなって、宗谷や留萌地方には竜巻注意情報が発表されており、空模様の変化に注意が必要です。

●落雷や竜巻などの激しい突風の恐れ

今日は北海道付近を、気圧の谷が通過しており、帯広や網走など、道東方面を中心に雨が降っています。気圧の谷の通過後、札幌や留萌など道央や道北では晴れ間の見えている所もありますが、天気の急変に注意が必要です。
道内の広い範囲に雷注意報が発表されており、昼前後まで注意の必要な地域が多く、根室や釧路地方では夕方まで急な雷雨となる恐れがあります。
昨日、竜巻の目撃情報があった留萌地方では、今日も竜巻とみられる雲が目撃されています。
宗谷や留萌地方には竜巻注意情報が発表されており、宗谷地方では午前11時まで、留萌地方では午前10時40分までこの情報は有効です。
黒っぽい雲が近づいてきたときは天気急変のサインですので、頑丈な建物に避難するとともに、カーテンを閉めて窓から離れた所に移動するようにして下さい。

●明日は早くも下り坂 今日よりも不安定に

今夜にかけて、北海道付近の大気は安定に向かいますが、明日は、日本海から前線を伴った低気圧が近づき、早くも天気は下り坂です。
明日の夜は、道南方面を中心に今日よりも大気の状態が不安定になる恐れがあります。
明日の夕方から夜には函館や札幌など、道南方面や道央を中心に雨が降り出し、次第に雨の降り方が強まってくる見込みです。
明日も竜巻などの激しい突風に注意が必要となりそうです。