各地で季節の変わり目となっています。全国的に春の空気と冬の空気が交互に入れ替わる一週間に。気温のアップダウンが大きく、体調管理に注意が必要。

●全国的に気温が急降下

4日(日)は高気圧に覆われて、全国的に季節はずれの陽気となりました。最高気温は4月下旬から5月中旬並みの所が多くなりました。5日(月)は低気圧が山陰沖に進み、前線が本州付近を南下するでしょう。広い範囲で雨となり、前線の通過する所では、雷を伴って激しく降ることがある見込みです。落雷や突風にご注意下さい。夜になると山沿いでは、雪に変わる所がありそうです。暖かく湿った空気が流れ込むため、九州、沖縄から東北にかけて気温の高い状態が続くでしょう。積雪の多い所では、雪崩や屋根から落ちる雪にも注意が必要です。ところが、低気圧が通過したあと、6日(火)から日本付近には北よりの冷たい冬の空気が7日(水)頃にかけて流れ込んでくる見込みです。全国的に気温が低くなるでしょう。特に、北日本には3月としてはめったにない寒気が流れ込み、厳しい寒さとになる見込みです。気温の変動が大きくなりますので、体調管理にご注意下さい。

●週末に向けて、気温はアップダウン

8日(木)は次の低気圧が本州付近を通過するため、9日(金)にかけて暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。広い範囲で曇りや雨または雪となるでしょう。日中の気温は再び上昇し、春の気温に変わりそうです。低気圧が去ったあとは、北よりの冷たい空気が流れ込んでくるため、全国的にまた寒くなるでしょう。今度は、九州、沖縄を中心に厳しい寒さとなる見込みです。まだ、しばらくは冬物の上着やコートが活躍しますので、しまわずにおいた方が良いでしょう。