この時期としては強い寒気が南下してきています。16日(木)にかけては、本州でも今季初めての初雪になる所がありそうです。

●16日(木) 東北でも初雪か 東日本の山沿いも積雪

北海道の日本海側や内陸では雪が降っていて、山沿いで積雪が増加中です。16日(木)の朝にかけては、平地でも降るものがあれば雪になるような強い寒気が、東北付近まで南下する見込みです。
上の図は朝7時の予想天気ですが、青森市など東北北部では平地でも弱い湿った雪が予想されています。一時的に雨が雪にかわり、初雪になるかもしれません。東北北部の山沿いでは積雪が増えますので、車の運転は十分にご注意ください。
また、東北南部から北陸、長野北部、群馬北部では山沿いで雪が降り、積雪となる所もありそうです。峠越えの車の運転は冬の装備が必要です。
気温は全国的に15日(水)より低くなるでしょう。朝はこの時期らしい冷え込みで、全国的に10度を下回りそうです。最高気温は12月上旬から中旬並みの所が多くなるでしょう。関東から九州でも15度に届かない所が多くなりそうです。

●週末は強烈な寒気 全国的に寒さ厳しく

日曜日はさらに強い、真冬並みかそれ以下の寒気が入る見込みです。北日本は広く雪で、関東甲信から山陰にかけての日本海側もこの時期としては降雪量が多くなる可能性があります。
気温は、朝は平野部でも5度以下になる所がほとんどで、日中も全国的に師走並み。特に西日本は広い範囲で年末年始の寒さになるでしょう。
その先も、一度寒さが緩んでも、度々強い寒気が入る見込みです。本格的に冬支度を始めた方がよさそうです。