15日水戸と長野の地方気象台からイチョウ黄葉の便りが届きました。関東甲信では今シーズン初めての観測です。

●市街地も色づき進む

東日本や西日本の街路樹も葉の色づきがだいぶ進んできていますが、15日は水戸市と長野市にある気象台からイチョウの黄葉の便りが届きました。関東甲信の市街地も本格的に紅葉シーズン到来です。
水戸市は平年より3日早く、昨年より1日遅い観測。長野市は平年より7日遅く、昨年より9日早い観測です。
紅葉は朝晩の冷え込みが強まると色づきが進みますが、この先、これまで以上に冷える日が増えるでしょう。葉の色づきがどんどん進みそうです。
※黄葉日とは、観測する木の大部分の葉が黄色に変わり、緑色の葉がほとんどなくなった最初の日です。