大型で強い台風18号は、17日(日)朝には九州に接近し、上陸するおそれがあります。その後18日(月)にかけて強い勢力を保ったまま日本列島を縦断する見込みです。全国的に大荒れの天気となりそうです。

●17日(日)の朝 九州に上陸へ

大型で強い台風18号は、勢力を保ったまま17日(日)の朝には九州に接近し、上陸するおそれがあります。その後18日(月)にかけて速度を速めて日本列島を縦断する見込みです。九州に上陸後も勢力が衰えず北上するため、九州から北海道の広い範囲で大荒れとなり、大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

●各地の警戒期間は

【九州】
16日(土)は前線の影響ですでに宮崎県などで大雨となっている所がありますが、17日(日)に日付が変わる頃から台風本体の雨雲もかかるため、17日(日)の夜にかけて引き続き大雨に警戒が必要です。早い所では16日(土)の夜遅くから暴風域に入るとみられ、17日(日)にかけて暴風が吹き荒れるでしょう。
【四国】
台風が最接近するのは17日(日)の日中になりそうです。雨のピークは、17日(日)いっぱいでしょう。17日(日)の朝に暴風域に入り、夜遅くにかけて暴風が吹き荒れるおそれがあります。
【中国】
台風の最接近は17日(日)の午後となりそうです。大雨や暴風のピークは17日の午後から18日の午前中でしょう。
【近畿】
16日(土)の夕方から18日(月)にかけて大雨に警戒が必要。前線の影響ですでに雨が降り始めており、17日(日)の午後は台風の接近に伴い再び大雨のおそれがあります。風は17日(日)の午後から18日(月)の午前がピークでしょう。
【北陸】
台風が北陸へ最も近づくのは17日(日)夜から18日(月)午前中にかけてとなりそうです。17日(日)の夕方からが大雨や暴風に警戒が必要です。風のピークは18日(月)の午前中までとなりそうですが、雨のピークはもう少し長引きそうです。
【関東】
台風は関東にそれほど接近しない見込みですが、台風周辺の湿った空気の影響で関東付近に停滞する前線の活動が活発になるため大雨に警戒が必要です。17日(日)から18日(月)の午前中が雨のピークでしょう。17日(日)日中は止み間がありますが、夜は再びザッと降る雨に注意。風のピークは遅れてやってきて、18日(月)の午前中となりそうです。
【東北】
17日(日)の午後は次第に風が強まり、18日(月)は台風の接近に伴い雨脚が強まるでしょう。
【北海道】
18日(月)から19日(火)にかけて台風が近づき、再上陸するおそれもあります。雨や風のピークは18日(月)で、19日(月)も影響が残る所があるでしょう。
16日(土)16時30分現在、九州や四国では自治体からの避難準備情報が発表されている所があります。お年寄りやお子さんなど避難に時間を要する方は、早めの避難が大切です。身の安全を守るために、明るいうちに早めの行動を心掛けて下さい。