この先、曇りや雨の日が多いでしょう。晴れる日でも、山沿いを中心に大気の状態が不安定になりそうです。お盆休み中、屋外のレジャーをご予定の方が多いと思いますが、空模様の変化に十分に気を配りましょう。

●山の日の天気

北海道から関東にかけて、気圧の谷に伴う雨雲が広がります。晴れ間の出る東海から西も、湿った空気の影響で大気の状態が不安定です。
【各地の天気】
北海道は雨が降ったり止んだりで、傘の手放せない一日となりそうです。
東北と北陸、関東も一日雲が多く、ときおりザッと雨が降るでしょう。特に、北陸と関東北部では、夕方からカミナリを伴い激しく降る所がありそうです。
東海と近畿、中国、四国、九州にかけては日差しがありますが、所々で雨雲が湧いてきます。特に山では、カミナリが鳴ったり、ザッと強い雨の降る所がありそうです。山のレジャーをご予定の方、急な雨への備えを万全にして、早め&無理のない行動を心がけましょう。
沖縄はおおむね晴れる見込みです。

●あさって以降の天気

沖縄はおおむね晴れますが、そのほかの各地は曇りマークや傘マークが目立ちます。特に、12日(土)は、北海道と東北は本降りの雨で、東北では北部を中心に大雨になる所もありそうです。交通機関に影響が出ることも考えられますので、帰省や旅行など、お出かけの際は気象情報、交通情報を確認の上、時間に余裕を持つと良さそうです。
晴れマークの日も、気温の上がる午後は大気の状態が不安定になって、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。屋外のレジャーは、空模様の変化にご注意ください。川では、その場では晴れていても、上流で降った激しい雨で、あっという間に水位が上昇するおそれがあります。過去には、中洲でのキャンプ中などに逃げ遅れて、流されるという事故も発生しています。山のほうに黒い雲が湧いていないか確認したり、スマホなどで雨雲の発生や動きをこまめにチェックし、危険を察知したら速やかに川から離れるようにしてください。
また、この先も、西日本を中心に厳しい暑さが続きます。熱中症対策を万全にしましょう。