最高気温は札幌も那覇も33度予想。どこまでも暑さ強烈。本日(15日)の平地で唯一の避暑は稚内で23度。

●うだるような暑さと 急な雷雨と 寝苦しい夜と

熱い熱い空気にすっかり覆われている日本列島。どこへ行っても暑さから逃れられそうにありません。予想最高気温は全国のほどんどで33度前後。いやいや、そうは言ってもいつも涼しい釧路なら・・・と思いきや、釧路も26度で夏日。平年より8度も高い予想で、汗ばむ陽気です。ではいったい、どこへ行ったら平地で「涼しいな」と感じられるのでしょうか。
きょう(15日:土曜)から海の日(17日:月曜)まで3連休という方も、お仕事という方も、暑さ、急な雷雨にご注意下さい。そして寝苦しい夜で体調を崩さないようにお気を付け下さい。
【きょう(15日:土曜)のポイント】
最高気温は全国的に33度前後。猛暑日の所も多く、うだるような暑さが続く。
昼過ぎ以降はあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発生。特に山沿いは天気の急変に注意。
夜になって気温が下がっても25度前後の所が多く、寝苦しい夜が続く。
【きょう(15日:土曜)の各地の最高気温、最も暑そうな所と涼しそうな所】
那覇33度、鹿児島と福岡34度、高知と広島、松江は33度、大阪35度、名古屋34度、金沢33度、東京34度、新潟、仙台、秋田は31度、札幌と旭川は33度、釧路26度。
★最も暑いのは山梨県甲府市の37度。
★最も涼しいのは北海道稚内市の23度。
【きょう(15日:土曜)の全国の天気】
沖縄や九州から関東甲信にかけての広い範囲と東北北部では晴れるでしょう。ただ、昼過ぎ以降は山沿いを中心に所々で雨雲やカミナリ雲が発生する見込みです。天気が急変して、ザッと激しい雨の降ることもあるでしょう。東北南部は雲が広がりやすく、昼過ぎ以降は次第に雨が降る見込みです。激しく降る所もあるため、雨の降り方にご注意下さい。北海道も晴れますが、にわか雨は太平洋側東部に限られるでしょう。