あす春分の日もお出かけ日和となりそうです。きょう19日の東北は各地で晴れて、マラソンにもまずまず。多くのランナーが東京オリンピックのボート競技会場候補地となった長沼の周りを走りました。東北の天気とともにお伝えします。

きょう19日の東北は各地で晴れて、青空のもと様々なイベントが開かれました。
岩手県との県境にある宮城県登米市で行われたのは「東北風土マラソン」2日目。
会場は2020年東京オリンピックの競技会場候補地として有名となった、長沼ボート場のある長沼フートピア公園です。
「東北風土マラソン」は東北各地の美味しい物を食べたり、日本酒の仕込み水を飲んだりしながら走る、ファンラン大会。
大会と同時に東北のご当地グルメや日本酒を楽しむイベントも開かれているため、ランナーでない人も子供からお年寄りまで楽しめます。

きょうは公園では時折、ビニールシートが飛ばされそうになるくらいの風が吹いたものの、同じ登米市内にある米山のアメダスで12.9℃を観測するなど、日差しはポカポカで行楽日和でした。
連休最終日のあすはマラソン疲れを癒したい方もいらっしゃるかもしれませんが、家でじっとしているのはもったいない天気となりそうです。

●20日春分の日 お出かけ日和続く

あす春分の日も昼間は日差しがポカポカで、足取り軽くお出かけできるでしょう。
行き先を迷っている方にはtenki.jp「お出かけスポット天気」が役立ちそうです。
各地の最高気温は10度以上と、きょうと同じか高い予想です。
斜面の雪が緩む暖かさとなりますので、スキーなどを楽しむ方はなだれにお気をつけください。

●そろそろ紫外線に注意

東北では3月でもまだ冬のコートが必要ですが、日差しの力は強まっています。
気になる方は朝晩の冷え込みに油断せず、紫外線対策をした方がよさそうです。