20191011

学校法人 大正大学

大正大学の学生が考案した
「江戸から明治・大正・昭和・令和」時代を巡るコース
JR東日本主催『駅からハイキング&ウォーキングイベント』

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)の学生が、授業の一環で、JR東日本より依頼を受けて『駅からハイキング&ウォーキングイベント』のコースを考案しました。今年で3回目の参画となる今回は、出発地点の巣鴨駅周辺を舞台に日本の江戸から令和までの「歴史」を肌で感じる池袋駅までの約11㎞を約4時間掛けて巡るコースです。

■ポイント
①学生が授業の一環で、巣鴨周辺を中心とした江戸から令和の「歴史」を感じるコースを考案。
②コースの目玉は、2013年に建立された巻貝のサザエのような形をした「すがも鴨台観音堂」。
③実施期間内であれば、好きな時間に何度でも参加できる。

■概要
「江戸から明治・大正・昭和・令和」時代を巡るコース
【実施期間】2019年11月3日(日・祝)~11月12日(火)
【受付時間】10:00~11:30
【起点駅】東京都・山手線巣鴨駅
【受付場所】巣鴨駅改札外みどりの窓口前
【歩行距離】約11㎞
【所要時間】約4時間

【コース工程】
巣鴨駅→眞性寺→とげぬき地蔵尊髙岩寺→大正大学→加賀公園(陸軍板橋火薬製造所跡)→板橋→板橋宿本陣跡→近藤勇の墓→宮仲公園「皇后宮御歌」の碑→東池袋中央公園(巣鴨プリズン跡)→池袋駅
平成に指定文化財に選ばれた「近藤勇の墓」や宿場町の痕跡、巣鴨プリズンの跡地などタイムスリップした気分を味わいながら時代を巡るコース。

■駅からハイキング&ウォーキングイベント
JR東日本が主催する、季節に応じた地域の魅力を楽しむ無料のウォーキングイベント。大正大学は4年前から参画しており、学生たちが「サービスラーニング」という授業の中で、大正大学が位置する巣鴨周辺を中心としたコースを考案。昨年は、約3,000名が参加。
特設サイト:https://www.jreast.co.jp/ekihai/evdetail.aspx?EvCd=0119011

■JR東日本発刊パンフレット表記の訂正について
JR東日本発刊パンフレット『駅からハイキング&ウォーキングイベント 2019 10・11・12月号東日本エリア135コースの13頁での紹介文でお知らせしている大正大学の学園祭日程につきまして、下記の通り誤った表記がありました。謹んでお詫び申し上げます。
正:「11月2日(土)・3日(日・祝)」
誤:「11月3日(日・祝)・11月4日(月)」
なお、受付時間・受付場所・ウォーキングコース等内容に変更はございません。

■大学教育“超”改革『INNOVATE!―Road to 100th―』
大正大学は、2026年に迎える創立100周年に向けて、学生のための大学教育“超”改革『INNOVATE!―Road to 100th―』を実現します。改革実現のための5つの宣言「INNOVATE 5」は下記の通りです。

1.DACによる総合学修支援
2.産官学連携による地域・社会をつくる人材育成
3.アントレプレナーシップの養成
4.巣鴨の全てがキャンパス
5.建学の精神(智慧と慈悲の実践)への回帰

この取り組みは、「2.産官学連携による地域・社会をつくる人材育成」、「4.巣鴨の全てがキャンパス」に該当します。

特設サイト:https://www.tais.ac.jp/p/tu-innovate/


情報提供元:PRワイヤー
記事名:「学生が考案した「江戸から明治・大正・昭和・令和」時代を巡る駅からハイキング&ウォーキングイベント