2019年6月14日

住友ゴム工業株式会社

「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で
FALKEN(ファルケン)タイヤを「SUBARU WRX STI」に供給

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、6月20日~23日にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース「ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称:2019 ADAC TOTAL 24h-Rennen)」に参戦する「SUBARU WRX STI」にFALKENタイヤを供給します。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906147534-O1-v7G46BVJ
SUBARU WRX STI


 「SUBARU WRX STI」は2015, 16, 18年にクラス優勝を果たした車両です。本年はさらに加速性能を向上させ、シフト時のエンジン回転変化とシフトショックを抑えるなどの改良を施した車両に、FALKENタイヤを装着しSP3Tクラスで6度目の優勝を目指します。

クラス:SP3T
チーム:スバルテクニカインターナショナル
車両:SUBARU WRX STI
ドライバー:Carlo van Dam、Tim Schrick、山内 英輝、井口 卓人

■ニュルブルクリンク24時間耐久レース
 自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170カ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」でFALKENタイヤを「SUBARU WRX STI」に供給