TOKYO, Mar 7, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)および中国富士通研究開発中心(注2)は、ブロックチェーン上の取引の自動処理プログラムであるスマートコントラクトのリスクを事前に検証し、ソースコード上での該当箇所を特定する技術を実現しました。

ビットコインの基盤として考案されたブロックチェーン技術は、金融以外にも不動産やヘルスケアといった様々な分野への応用が期待されています。しかし、スマートコントラクトにリスクがあるとビジネス上の損失に直結するため、システムとしてその信頼性の向上が課題になっています。今回、ブロックチェーンアプリケーションの実行基盤の一つである Ethereum(注3)上で、シンボリック実行技術(注4)を利用してリスクのある取引の流れを特定するアルゴリズムを開発することで、人手では見逃す可能性のあったスマートコントラクトの6種類のリスク(図1)を網羅的に検出可能となりました。さらにソースコード上の該当箇所を特定する技術を開発しました。これにより、ブロックチェーン開発者は、より安全性の高いスマートコントラクトを迅速に開発できるようになります。

本技術の詳細は、2月26日(月曜日)から28日(水曜日)までフランス パリで開催された国際会議「BSC(Blockchains and Smart Contracts Workshop)2018」にて発表しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/03/7.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通研究所、ブロックチェーンのリスクを検証する技術を開発