TOKYO, Feb 23, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條 哲司/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)は、このたび、税公金など各種払込票の取り扱いが可能なATMを開発し、全国の金融機関向けに提供を開始します。

本ATMは、従来、窓口での取り扱いに限定されていた数万種類にも及ぶ税公金などの各種払込票を処理できる新しい製品です。各種払込の処理を利用者自身で操作可能なため、窓口の混雑解消のほか、払込依頼書の記入を不要とするなど、利用者の利便性やサービス品質の向上、行職員の窓口業務の効率向上を支援します。

なお、日立は、株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取:三毛 兼承/以下、三菱東京UFJ銀行)へ本製品*1を先行導入し、2017年4月から設置を開始しました。現在、稼働店舗は約100店舗に拡充され、税公金などの払込処理に対応しています。三菱東京UFJ銀行では、今後も順次、各店舗への設置拡大を予定しています。

税公金などの各種払込は、郵便局やコンビニエンスストアで対応可能な一部の払込票を除き、金融機関の窓口での手続きが必要なため、行職員の事務負担とともに、窓口混雑の要因の一つともなっています。また、従来の払込票の読み取りに対応したATMでは、数万種類ある税公金などの払込票のうち、事前に帳票様式を登録した特定の払込票に取り扱いが限られていました。

今回、新たに提供を開始する払込票対応ATMでは、日立の独自開発である帳票認識技術を活用しています。この技術は、スキャナで読み取った帳票の画像全体から、必要な情報を抽出・認識処理するものです。あらかじめ読み取るエリアを定めるなど様式登録をすることなく帳票認識できるため、取り扱う払込票の種類が、従来と比較して大幅に増加しました。

また、領収証発行時には、帳票イメージと領収印を印刷した領収証の発行を可能とし、払込票原本への窓口での押印が不要です。

今後も、日立と日立オムロンターミナルソリューションズは、多様化する金融機関のニーズに柔軟に対応したソリューション・サービスを提供し、金融機関におけるサービス品質の向上や業務の効率化などを支援していきます。

今回提供開始する払込票対応ATMの特長

1. 多種多様な払込票の取り扱いが可能
さまざまな帳票サイズに対応したスキャナと、帳票様式の事前登録が不要な帳票認識技術により、多種多様な払込票*2の取り扱いが可能となります。

2. 窓口での払込票に付属する領収証への押印が不要
払込票に付属する領収証に代わって、帳票イメージと領収印を印刷した領収証を発行します。これにより、窓口で行っていた払込票原本への押印処理が不要となります。

3. 従来のATMと同じ操作性
現行機種のATMをベースに、各種払込票を取り扱えるようにしました。これにより、利用者は従来のATMと同様の操作性で、現金やキャッシュカードによる払込が可能です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/02/0223a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立など、税公金など各種払込票の取り扱いが可能なATMを提供開始