コスモスイニシア<8844>は10日、駐車場運営と駐車場上空を活用する賃貸運営を組み合わせた駐車場上空活用ソリューション「SOLA CUBE(ソラキューブ)」の提供を開始したことを発表。

同ソリューションは、土地や駐車場を有効活用したい不動産オーナー向けソリューションで、初期投資費用としての建設費が比較的安価、かつ短期間での建設が可能な鉄骨造の店舗・事務所・住宅等の開発、その後の投資プランシミュレーションを提案するもの。

駐車場部分は大和ハウス工業<1925>グループの大和ハウスパーキングのコインパーキングが運営可能であり、建物の開発はコスモスモアが設計・施工を担当する。完成後の店舗・事務所・住宅等の賃貸管理はコスモスイニシアが行うなど、グループが連携して土地活用をバックアップする。同ソリューション第1号となる「(仮称)横浜関内プロジェクト」は2019年9月に建築着工し、2020年3月完成を予定している。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「コスモスイニシア---駐車場上空活用ソリューション「SOLA CUBE(ソラキューブ)」の提供を開始