郵船<9101>は大幅続落。本日は海運セクターが下落率のトップ。ホルムズ海峡近くのオマーン湾で前日、日本のタンカーなどが砲弾で攻撃を受けた。米国とイランとの間での緊張の高まりが背景とされ、米国ではイランが攻撃の背後にいると判断のもよう。今後の緊張の高まりによっては、ホルムズ海峡封鎖などへの対応も必要となるなど、海運各社にとっては先行き不透明感が強まる展開になっている。グループ会社が攻撃を受けた三菱ガス化学<4182>も売りが優勢に。
<US>

情報提供元:FISCO
記事名:「郵船---大幅続落、タンカー砲撃事故を受け海運各社が安い