DDホールディングス<3073>は17日、2019年4月度の月次売上高等前年同月比及び出退店等の店舗状況を発表。なお、2017年6月1日付で連結子会社化したゼットン<3057>と商業藝術、2019年3月1日付で連結子会社化したエスエルディー<3223>は含んでいない。

全店前年同月比は、売上高は105.0%、客数は100.5%、客単価は104.5%。既存店前年同月比では、売上高は103.0%、客数は99.1%、客単価は103.9%。飲食事業の前年同月比では、売上高は100.2%、客数は97.7%、客単価は102.5%。アミューズメント事業の前年同月比では、売上高は108.8%、客数は101.2%、客単価は107.5%。ウェディング事業の前年同月比では、売上高は109.2%、客数は115.8%、客単価は94.3%となった。

店舗数では、飲食事業で退店が1店舗あり、月末店舗数は前月比1店舗減の219店舗。アミューズメント事業において店舗数は前月と変わらずの55店舗、ウェディング事業の月末店舗数も変わらずの4店舗、国内の月末店舗数は278店舗となった。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「DDホールディングス---2019年4月度の月次売上高を発表