WSCOPE<6619>はストップ安売り気配。前日に上半期の決算を発表、営業利益は8.8億円の赤字(前年同期は3.6億円の黒字)となった。従来想定の収支均衡水準を下回る着地に。また、通期営業損益予想は従来の7億円の黒字から24億円の赤字に大幅下方修正している。中国政府の助成金政策が変更されてリン酸鉄系電池の需要が急激に低下、三元系電池への需要シフトなど、再編成期入りに伴うコスト負担が高まっているもようだ。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「WSCOPE---ストップ安売り気配、通期業績予想を大幅下方修正で赤字転落へ