※この業績予想は2018年3月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ハリマ共和物産<7444>

3ヶ月後
予想株価
2,900円

日用品や化粧品などを扱う専門商社。受託物流の拡大にも力注ぐ。顧客のネット通販対応が課題に。スギ薬局やドン・キホーテなどが得意先。第2位株主の西松屋とは受託物流などで関係深化図る。18.3期3Qは増収増益。

ドラッグストアなどとの取引量拡大。オーラルケア商品や化粧品の販売が伸びる。新物流拠点の初期費用を吸収。18.3期は会社計画を上回る増収増益へ。連続増配。19.3期も取扱量拡大が続く。株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/46,500/2,000/2,100/1,430/266.18/37.00
19.3連/F予/48,000/2,200/2,300/1,560/290.38/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/03/30
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ハリマ共和物産<7444>のフィスコ二期業績予想