※この業績予想は2018年3月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

高島<8007>

3ヶ月後
予想株価
2,300円

建材や太陽光発電機器、樹脂、繊維などを扱う専門商社。不動産賃貸も手掛ける。今年4月に子会社2社を統合し、業務効率化。中計では20.3期に最終益20億円目指す。配当性向25%目安。18.3期3Qは利益反発。

太陽光関連と産業用繊維関連が苦戦。だが建設資材関連が好調。電子部品関連もしっかり。18.3期は営業益小反発を予想。有証売却益は減る。19.3期も建設資材関連と電子部品関連が牽引へ。株価は戻りを試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/86,000/1,600/1,750/1,250/277.90/7.00
19.3連/F予/87,500/1,800/1,900/1,330/295.78/7.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/03/31
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「高島<8007>のフィスコ二期業績予想