パナソニック<6752>は3日続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も1400円から2000円に引き上げている。スマート社会への変化のなかで、家電、自動運転やADAS(先進運転支援システム)、環境など多岐にわたる分野で、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現による事業拡大の恩恵を受けることができると評価している。幅広い商品ラインナップ、広範な流通チャネルなどが優位と考えているもよう。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「パナソニック---3日続伸、スマート社会への変化のなかで恩恵と米系証券が評価引き上げ