※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本製紙<3863>

3ヶ月後
予想株価
2,250円

製紙大手。洋紙・板紙に強い。売電や木材なども。紙容器や家庭紙を強化中。物流効率化を目的に新会社を設立。期待の新素材CNFは石巻工場で量産設備が今春に稼働を開始。18.3期1Qは原燃料高が響き営業益足踏み。

洋紙は販売低調。だが家庭紙がしっかり。物流効率化なども効く。米事業は前期に買収した米紙容器会社の貢献で黒字化へ。18.3期は二桁増益を予想。事業撤退損解消。ただ古紙など原燃料高に懸念。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/1,050,000/30,000/30,000/15,000/129.61/60.00
19.3連/F予/1,100,000/31,000/31,000/17,000/146.89/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日本製紙<3863>のフィスコ二期業績予想