※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ティラド<7236>

3ヶ月後
予想株価
400円

自動車や二輪車、建機などに使われる熱交換器の専門メーカー。新規受注車種の量産開始などで海外が好調。為替影響により日本で売上伸び悩むも、17.3期は材料価格低下、生産効率の向上などで営業益倍増で落着。

18.3期は国内外ともに自動車用、建設産業機械用が好調、原材料仕入価格上昇も米国・アセアン拠点の収益改善の計画。19.3期も4%程度の増収増益計画を見込む。10/1株式統合予定。株価は上昇基調続く。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/112,300/3,900/4,500/2,300/288.88/60.00
19.3期連/F予/117,000/4,100/4,700/2,400/301.44/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:HY
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ティラド<7236>のフィスコ二期業績予想