※この業績予想は2017年7月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

国際石油開発帝石<1605>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

原油・ガス開発生産で国内最大手。エネルギー安定確保のため政府保有の黄金株を発行。豪LNG事業「イクシス」の生産開始時期を18.3期2Qから18.3期中へ変更。17.3期は3年連続の減収・営業減益に。

説明会では、「イクシス」の遅れによる影響は軽微との見解。18.3期は前期比98億円増となる6150億円の投資を計画も、19.3期は大幅減少の可能性を示唆。株価は底打ち感強く、目先は上昇トレンド入りか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/844,000/303,000/329,000/47,000/32.20/18.00
19.3連/F予/1,200,000/570,000/570,000/94,000/64.40/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/04
執筆者:YT
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「国際石油開発帝石<1605>のフィスコ二期業績予想