■中長期の成長戦略

アイナボホールディングス<7539>は前回の中期経営計画が2016年9月期に達成されたのに続き、2019年9月期を最終年度とする新しい中期経営計画を発表している。数値目標としては、売上高700億円、営業利益19億円、営業利益率2.7%を掲げているが、2017年9月期の予想が営業利益17億円であり、さらに上方修正の公算が強いことを考慮すれば、この中期経営計画目標が達成される確率も高いと思われる。

また、この目標を達成するために以下の5ヶ条を重点課題とし実行していく計画で、これは発表当初と変わっていない。

(1) 市場環境の変化に備え、新たな事業の柱を構築する
ZEH(太陽光、外壁、サッシ)のグループ会社における対応を推進。

(2) グループシナジーを早期に実現する
国内市場縮小に対応するための地域拡大戦略。

(3) グループ経営上の戦略的意思決定
組織再編、効率的な投資、グループ共通課題への対応。

(4) グループ事業会社サポート機能の充実
国策対応力の向上、業務効率の向上(新基幹システムの開発、アベルコベトナムの活用)。

(5) 人財の戦略的な活用
人財の確保・育成と横断的な人財交流。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<NB>

情報提供元:FISCO
記事名:「アイナボHD Research Memo(7):中期経営計画目標は2019年9月期営業利益19億円だが十分に射程圏内