■アイナボホールディングス<7539>の業績動向

2. 財務状況
2017年9月期第2四半期末の財務状況を見ると、流動資産は24,860百万円(前期末比1,634百万円増)となった。主要科目では現金及び預金825百万円増、受取手形・完成工事未収入金等1,034百万円増、未成工事支出金28百万円増などであった。固定資産は8,010百万円(同271百万円増)となったが、内訳は有形固定資産が5,700百万円(同37百万円減)、無形固定資産707百万円(同98百万円増)、投資その他資産1,602百万円(同210百万円減)となった。この結果、資産合計は32,871百万円(同1,906百万円増)となった。

流動負債は13,579百万円(同1,021百万円増)となったが、主な変動は支払手形・工事未支払金等の増加528百万円、ファクタリング未払金の増加509百万円などであった。固定負債は1,370百万円(同3百万円減)となった。この結果、負債合計は14,949百万円(同1,017百万円増)となった。純資産は17,921百万円(同889百万円増)となったが、主に親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金の増加848百万円による。

2017年9月期第2四半期末現在で、現金及び預金9,349百万円に対して長短合わせた借入金は743百万円に止まっており、手元のネットキャッシュ(現金及び預金−借入金)は8,605百万円と豊富であり、財務基盤は強固である。

3. キャッシュ・フローの状況
2017年9月期第2四半期のキャッシュ・フローを見ると、営業活動によるキャッシュ・フローは913百万円の収入(前年同期362百万円の収入)となった。主な収入は税金等調整前四半期純利益の計上1,561百万円、仕入債務の増加1,076百万円、一方で、主な支出は売上債権の増加1,345百万円などであった。投資活動によるキャッシュ・フローは65百万円の支出(同572百万円の支出)となったが、主に定期預金の払戻による収入300百万円、投資有価証券の取得(ネット)による支出186百万円など。財務活動によるキャッシュ・フローは135百万円の収入(同472百万円の支出)となったが、主に短期借入金の純増による収入300百万円、配当金支払いによる支出150百万円による。この結果、現金及び現金同等物は983百万円増加し、期末残高は9,349百万円となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<NB>

情報提供元:FISCO
記事名:「アイナボHD Research Memo(5):財務基盤は強固。手元のネットキャッシュは約86億円