■会社概要

1. 事業内容
SFPダイニング<3198>は、駅前・繁華街(路面店)での24時間営業により人気業態となっている海鮮居酒屋「磯丸水産」の運営を主力事業としている。2017年2月末の店舗数は、11業態207店舗(他にFC5店舗)。そのうち、「磯丸水産」は150店舗を占める。また、出店エリアは、首都圏が193店舗(うち、都内127店舗)となっており、首都圏(特に、都心・繁華街)への集中出店によって、ブランド力の確立と店舗数の拡大を図ってきた。

最近では、「磯丸水産」と同様の収益モデルによる「鳥良商店」(鶏料理店)が、2本目の柱として立ち上がってきており、基本的には高い成長率が継続する見通しである。2013年4月にクリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>との資本提携を締結し、2014年12月には連結子会社として東証2部に上場を果たした。

事業セグメントは、飲食事業の単一セグメントであるが、業態別に創業業態の「鳥良事業部門」(「鳥良商店」も含む)、主力業態の「磯丸事業部門」、「その他部門」の3つに区分している。「磯丸事業部門」が、売上高の72.4%を構成している(2017年2月期実績)。

2016年9月からは、飲食サービス及び商品提供業務の一部を子会社に移管して持株会社体制に移行した。同社内外の機動的な企業再編・組織再編の推進、現在の事業を基盤とした新たな事業創出の促進、経営機能とコーポレートガバナンスの強化が目的である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

情報提供元:FISCO
記事名:「SFPダイ Research Memo(2):人気業態「磯丸水産」と「鳥良商店」による2枚看板