4日午後の東京市場でドル・円は109円60銭付近に値を戻した。ユーロ・ドルやポンド・ドルがドル買いに振れた影響で、ドル・円は小幅に押し上げられた。ただ、日経平均株価や上海総合指数などの軟調地合いでリスク回避的な円買いは根強く、ドルの上昇を引き続き抑えそうだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円49銭から108円68銭、ユーロ・円は120円18銭から120円43銭、ユーロ・ドルは1.1074ドルから1.1084ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は109円60銭付近、欧州通貨は弱含み