<円債市場>
長期国債先物2019年12月限
寄付155円09銭 高値155円15銭 安値154円99銭 引け155円02銭
売買高総計11175枚

2年 405回 -0.325%
5年 140回 -0.355%
10年 356回 -0.210%
20年 169回  0.200%

債券先物12月限は、155円09銭で取引を開始。米中通商協議の進展期待後退を受けた買いで155円15銭まで上昇後、明日の30年債入札への警戒による売りで154円99銭まで下落した。現物債の取引では、5年債と20年債が売られ、10年債が買われ、2年債はもみ合いになった。

<米国債概況>
2年債は1.43%、10年債は1.55%、30年債は2.04%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.58%、英国債は0.45%、オーストラリア10年債は0.88%、NZ10年債は1.00%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・23:00 米・8月JOLT求人件数(予想:725万件、7月:721.7万件)
・23:00 米・8月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.4%、速報値:+0.4%)
・23:30 パウエル米FRB議長、ジョージ米カンザスシティー連銀総裁がFRBイベント出席
・02:00 米財務省10年債入札(240億ドル、リオープン)
・03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(9月17-18日開催分)

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「9日の日本国債市場概況:債券先物は155円02銭で終了