11日のロンドン外為市場では、ドル・円は107円83銭から107円67銭まで下落した。トランプ米大統領のゼロやマイナスの金利を求める見解が伝えられ、ドル売りが強まった。

 ユーロ・ドルは1.1035ドルから1.0997ドルまで下落。翌日の欧州中央銀行(ECB)理事会で緩和措置決定が見込まれることから、ユーロ売りが優勢になった。ユーロ・円は118円98銭から118円46銭まで下落した。

 ポンド・ドルは1.2371ドルまで上昇後、1.2332ドルまで下落。ブレグジットをめぐる思惑で売り買いが交錯した。ドル・スイスフランは0.9929フランから0.9944フランで推移した。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は107円83銭から107円67銭まで下落