15日のロンドン外為市場では、ドル・円は109円54銭から109円27銭まで下落した。米中通商摩擦の激化懸念や中国の主要経済指標の悪化を受けて、欧州株は全面安となり、米株先物も下落したことで、リスク回避的な円買いが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1217ドルから1.1178ドルまで下落し、ユーロ・円は122円86銭から122円20銭まで下落した。

 ポンド・ドルは1.2923ドルから1.2880ドルまで下落。ドル・スイスフランは1.0056フランから1.0087フランまで上昇した。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は109円54銭から109円27銭まで下落